「出世払い」でプログラミング学習を始めるGO!

【テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)を徹底比較】違いを教えて!簡単に!

sumosan woman komaru02 800 1

テックキャンプエンジニア転職とコードキャンプゲートの違いを簡単に教えて欲しい〜。

sumosan man kihon01 800 1 1

どちらも有名プログラミングスクールだけど、
大きな違いがあるのでわかりやすく解説するね!

未経験からのエンジニア転職を売りにしているプログラミングスクールである、テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)。

どちらも満足度の高いスクールですが、受講できる年齢や返金保証制度など大きな違いがあるんです。

プログラミングスクールは受講費用が比較的高額なため、違いを把握して目的に合ったスクールを選ぶことが重要ですよね。

そこでこの記事では、テックキャンプとコードキャンプのエンジニア転職コースについて、その違いをわかりやすく比較していきます。

目次

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)とは?

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)比較

はじめに、テックキャンプとCodeCamp(コードキャンプ)のエンジニア転職コースの特徴から見ていきましょう。

sumosan man kihon01 800 1 1

「比較結果をすぐ見たい!」という人は、目次から気になる比較項目に移動してください。

スクールエンジニア転職コース
テックキャンプテックキャンプエンジニア転職
CodeCamp(コードキャンプ)CodeCampGate(コードキャンプゲート)

「テックキャンプ」や「CodeCamp(コードキャンプ)」はスクール名です。
エンジニア転職を目指すコースのほかに、プログラミングのスキルを身につける教養コースなどがあります。

テックキャンプエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職
出典|テックキャンプエンジニア転職

テックキャンプは、株式会社divが運営するプログラミングスクールです。

代表のマコなり社長はYoutubeなどで人気のインフルエンサーで、今では日本で最も知名度の高いスクールとなっています。

自分の生活スタイルに合わせて学習プランが選べたり、多岐にわたるカリキュラムで多くのスキルが身につくことなどから人気が上昇。

その中でもテックキャンプエンジニア転職は、未経験から短期間でエンジニア転職が目指せるコースです。

特徴は下記3点。

  1. 設計、開発、インフラ構築、運用まで一気通貫で学習できる
  2. 徹底的なサポート体制で挫折させない
  3. 転職失敗で全額返金(転職保証)

テックキャンプエンジニア転職では、学習内容だけじゃなく受講生のサポートも徹底的な支援をすることにこだわっており、サービスが手厚いことが特徴です。

学習カリキュラムは設計、開発、インフラ構築、運用まで一気通貫で学習できるので、最終課題をクリアしたほとんどの受講者がオリジナルのWebサービスを自分で作れるレベルになるくらいの実力が身につきます。

受講生のサポート体制では、メンター・ライフコーチ・キャリアアドバイザーの3人が卒業までしっかり伴走してくれるため、未経験者でも挫折せずに完走できます。

もちろん、転職できなかった場合の全額返金保証も付いていますので、すべて安心してお任せできるスクールと言えます。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)

CodeCampGate(コードキャンプゲート)
出典|CodeCampGate(コードキャンプゲート)

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は、コードキャンプ株式会社が運営するプログラミングスクールです。

日本初のマンツーマン指導や、目的に合わせてピンポイントで選べるきめ細かいコース設定で人気が上昇。

その中の転職コースであるCodeCampGate(コードキャンプゲート)は、受講年齢を原則29歳以下に設定した20代の未経験エンジニア転職に特化したコースです。

特徴は下記の3点。

  1. 講師は100%現役エンジニア
  2. 専属エンジニアメンターのマンツーマン指導
  3. チーム開発が経験できる

大きな特徴が、現役エンジニアにマンツーマンで指導してもらえること。

自分の理解度に合わせて学習を進められるため、未経験者でも挫折することなく学習を継続でき、受講者の満足度も96.6%とかなり高い優良コースです。

また、現場で即戦力となれるようチーム開発が学べることもエンジニア転職には有利な点。

レッスンは、毎日朝7時~23時まで好きな時間に完全オンラインで受講可能なので、働きながらでも地方からでも気軽に受講できるのも魅力です。

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)を比較

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)比較

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)を4つのポイントで比較します。

比較ポイント具体的な比較内容
価格・料金料金、分割払い、割引、返金保証
講座の特徴講師・メンター、受講スタイル、学習期間、学習時間
学習サポート質問チャット、通話サポート、ポートフォリオ、チーム開発
転職サポートキャリアサポート、転職先紹介、転職保証

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)の比較①:価格・料金

スクロールできます
比較項目テックキャンプエンジニア転職CodeCampGate(コードキャンプゲート)
料金(オンラインプラン/通学プラン)
◆短期集中:657,800円/767,800円
◆夜間休日:877,800円/987,800円
◆528,000円
(入学金33,000円+受講費495,000円)
分割払い(オンラインプラン/通学プラン)
◆短期集中:19,600円〜/22,900円〜
◆夜間休日:43,800円〜/49,300円〜
◆14,666円〜
割引◆なし◆受講相談後のアンケート回答で1万円割引クーポン
返金保証◆14日以内全額返金保証
◆転職返金保証
なし

価格・料金

エンジニア転職コースの料金は、CodeCampGate(コードキャンプゲート)の方がテックキャンプエンジニア転職よりも安く受講できます。

特にテックキャンプエンジニア転職では通学プランや夜間休日プランで割高なため、本当に必要なプランかしっかり検討して選んだほうがいいでしょう。

分割払い

2校とも分割払いに対応しています。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)では月々1万円代から、テックキャンプエンジニア転職では2万円前後からの支払いが可能です。

返金保証

テックキャンプエンジニア転職
出典|テックキャンプエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職では2種類の返金保証があるのに対し、CodeCampGate(コードキャンプゲート)では返金保証がない点が大きな違いになります。

テックキャンプエンジニア転職の返金保証は下記2つ。

  1. 学習開始後の全額返金保証:学習開始後14日以内であれば理由に関係なく全額返金
  2. 転職保証:キャリアサポート開始日から6か月以内に転職先が決まらなければ全額返金

ひとつ目の「学習開始後の全額返金保障」は、学習開始後14日以内であれば無条件で全額返金保証がうけられる制度で、クーリングオフと同様の制度です。

カリキュラムがスタートしてからの全額返金対応のため、「学習内容が考えていたものではなかった」などの場合でも安心です。

ふたつ目の「転職保障」は、万が一転職ができなかった場合に全額返金保証がうけられる制度です。

40歳未満の受講者で転職活動を積極的に行う等の条件がありますが、万が一内定が得られない場合には受講料を全額返金してもらえます。

2つの返金保証があるプログラミングスクールは数少なく、カリキュラム内容や転職サポートに自信があるからこそのサービスですね。

sumosan man kihon01 800 1 1

テックキャンプエンジニア転職は転職保証が30代でもOKと、
年齢層高めの人たちが優先的に考えたいスクールです。

一方、CodeCampGate(コードキャンプゲート)では返金保証はひとつもありません。

受講前にしっかりとカリキュラムの内容を確認して、やり通せるか十分確認した上での申し込みを推奨します。

転職保証については、CodeCampGate(コードキャンプゲート)の受講者であれば必ずしも必要な保証ではないと考えられます。

なぜなら、20代の受講者であること、ポートフォリオ作成レベルまでスキルが身についていることで、大部分の受講生が転職に成功しているためです。

どうしても保証がないと不安だという人は、転職保証付きプログラミングスクールを中心に検討した方がいいでしょう。 

sumosan man kihon01 800 1 1

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は20代までのコースのため、
スキルがあれば転職もそれほど苦戦することはないですよ。

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)の比較②:講座の特徴

比較項目テックキャンプエンジニア転職CodeCampGate(コードキャンプゲート)
講師・メンター現役エンジニアなど100%現役エンジニア
受講スタイル教室(渋谷、大阪、名古屋、福岡)
オンライン
オンライン
学習期間◆短期集中:10週間(約2.5か月)
◆夜間休日:6か月
4か月
学習時間約600時間300〜400時間

講師・メンター

CodeCampGate(コードキャンプゲート)

テックキャンプエンジニア転職の講師には、現役エンジニアではない人もいます。

ただしいずれも厳しい審査をクリアしたした人材であり、十分なプログラミングの知識やスキルを持ち合わせ、受講生に教えることに特化した講師陣です。

実践的なカリキュラムになる後半は、より具体的なアドバイスが可能な現役エンジニアが講師として参加しますので、現場の声を聞く機会もちゃんとあります。

一方、CodeCampGate(コードキャンプゲート)は100%現役エンジニア講師による指導にこだわっています。

また単なる現役エンジニアであるだけでなく、選考通過率17%の厳しい審査に合格した講師が200名以上在籍。

マンツーマン指導でプロから実務的な内容を学べるコースとなっており、現場の雰囲気を感じて学びたい人にはかなり魅力的なコースです。

受講スタイル

テックキャンプエンジニア転職
出典¥テックキャンプエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職は、教室受講とオンライン受講を選べるスタイルとなっています。

ただし、教室を利用して勉強するプランの場合、オンラインよりも10万円程度価格が高くなるため注意が必要です。

どうしても講師に直接質問したい人や自宅ではなかなか勉強がはかどらない人にとっては、教室を持つスクールが少ないこともあり、貴重なプランと言えます。

一方、CodeCampGate(コードキャンプゲート)では完全オンラインでの受講となります。

講師対応時間は365日・1日16時間と数あるプログラミングスクールの中で群を抜いて長く、オンラインの自宅学習でも常にサポートしてもらえる体制なので安心です。

学習期間

テックキャンプエンジニア転職では、短期集中スタイルが2.5か月(10週間)、夜間休日スタイルが6か月の学習期間で、自分のライフスタイルに合わせて選べるのが特徴です。

短期集中の場合、600時間ものカリキュラムを10週間で消化する必要があるため、会社を辞めて集中して学習する受講生がほとんど。

また転職活動も並行して行う必要があるため、かなりハードで体力勝負である事は間違いありません。

夜間休日スタイルでは、学習期間が6ヶ月と長めに設定されているため、働きながらでも無理なくカリキュラムをこなすことができます。

sumosan man kihon01 800 1 1

短期決戦か、無理なくゆっくりか。
価格も変動するのでよく検討しましょう。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)の学習期間は4か月です。

前半の2か月はシンプルな掲示板サイトの作成を通じて、Webサービス制作の基礎となるフロントエンド開発とサーバーサイド開発で利用するプログラミング言語を学びます。

後半の2か月では実務に近い環境で、人気フレームワークLaravel、Linux・Gitの仕組み、セキュリティ対策やコーディング品質を意識した方法を学びます。

ただし、前半2ヶ月間の学習が学習期間内に修了しない場合、別途1か月33,000円(税込)での学習期間延長手続きをしていただく必要があるので注意が必要です。

sumosan man kihon01 800 1 1

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は働きながらの学習を前提にしているため、比較的ゆっくり進めるスタイルです。

学習時間

テックキャンプエンジニア転職
出典|テックキャンプエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職の学習時間は約600時間とかなりのボリュームです。

これは、テックキャンプのオリジナルカリキュラムを使い、設計・開発・インフラ構築・運用まで一気通貫で学習するため。

短期集中コースでは10週間という超短期集中学習のため平日も週末も毎日8時間以上の勉強時間の確保が必要で、期間中はプログラミング一色の生活になる事は間違いありません。

一方、夜間休日コースでは平日2時間、週末は1日8時間の学習時間を確保すればカリキュラムをこなすことが可能です。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)の学習時間は、受講生により異なりますが300〜400時間となっています。

これは毎日3時間前後学習時間を確保できればこなせる程度のカリキュラムの量であり、どんな人も無理なく学習を進めることが可能です。

学習時間はテックキャンプエンジニア転職より200時間も少ないものの、マンツーマンの現役講師による指導で集団学習より効率的・効果的に学ぶことができるので、実践的スキルに関してはほぼ同程度のものが習得できるでしょう。

テックキャンプエンジニアとCodeCampGate(コードキャンプゲート)転職の比較③:学習サポート

比較項目テックキャンプエンジニア転職CodeCampGate(コードキャンプゲート)
質問チャット11時間(11〜22時)16時間(7〜23時)
通話サポートライフコーチ
不定期
メンタリング
不定期
ポートフォリオ課題制作のみあり
チーム開発なしあり

質問チャット

質問チャットは、自習時の不明点を即座に講師に質問できるプログラミングスクールの基本サービス。

両校ともに質問チャットサービスがあり、いずれも午前中から深夜まで対応してもらえます。

さらにCodeCampGate(コードキャンプゲート)では朝7時からチャットサービスを開始しており、プログラミングスクールの中ではダントツに対応時間が長いんです。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)なら会社に行く前の朝活の時間をプログラミング学習に充てるという、有意義な時間の使い方ができそうですね。

通話サポート

CodeCampGate(コードキャンプゲート)
出典|CodeCampGate(コードキャンプゲート)

テックキャンプエンジニア転職では、メンターとは別にライフコーチという受講生専属のサポーターがいます。

ライフコーチの役割は、受講者の学習進捗の管理などをトータルにサポートすること。

受講生に疑問や不安が生まれた時、ライフコーチは些細なことでも相談に乗ってくれ、カリキュラムで挫折がないよう導いてくれます。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)では、朝7時から23時まで自分の都合の良い時間に専属のメンターからレッスンを受けられます。

1回40分のマンツーマンレッスンを通して、Webサービスの基礎となるスキルを身につけます。

また、講師は自分専属で学習進捗も細かな悩みも全て共有することが可能なので、トータルにサポートしてもらえるのが心強い存在です。

sumosan man kihon01 800 1 1

どちらのコースも、学習内容だけでなく、学習の進め方まで相談に乗ってもらえるから、最後まで完走できるんですね。

ポートフォリオ

CodeCampGate(コードキャンプゲート)
出典|CodeCampGate(コードキャンプゲート)

ポートフォリオは、エンジニアがオリジナルで制作した成果物をまとめた実績書。

テックキャンプエンジニア転職ではポートフォリオの制作はなく、課題制作のみとなっています。

ただしこれまでの学習内容や最終課題制作があることで、即戦力となれるスキルを身につけていることは十分アピール可能です。

企業ウケが良い書類作成方法などの指導もあるため、ポートフォリオがないことが大きなハンデになることはありません。

一方、CodeCampGate(コードキャンプゲート)では、ポートフォリオの作成が可能です。

現役エンジニアである専属メンターが直接レビューしてポートフォリオの作成支援をしてくれるため、現場で必要とされるスキルをアピールする書類が作れます。

即戦力となるために必要なことや、客観的な視点での意見をもらえるので、効果的なポートフォリオ作りにはとても助かるサポートですね。

チーム開発

CodeCampGate(コードキャンプゲート)
出典|CodeCampGate(コードキャンプゲート)

実際の現場では、チームを組んでオリジナルシステムの開発を行うのが通常です。

そのため、プログラミングスクールでチーム開発経験を積むことで、現場にも溶け込みやすく役割分担などスムーズに仕事をすることができるんです。

テックキャンプエンジニア転職ではチーム開発はカリキュラムに含まれていませんが、CodeCampGate(コードキャンプゲート)では専属メンターとチーム開発ができます。

現場でチームで仕事をすることに不安を感じる方は、チーム開発が経験できるプログラミングスクールを選ぶのがいいでしょう。

テックキャンプエンジニアとCodeCampGate(コードキャンプゲート)転職の比較④:転職サポート

比較項目テックキャンプエンジニア転職CodeCampGate(コードキャンプゲート)
キャリアサポートありあり
転職先紹介あり
限定求人あり
あり
限定求人あり
転職保証ありなし

キャリアサポート

CodeCampGate(コードキャンプゲート)
出典|CodeCampGate(コードキャンプゲート)

テックキャンプエンジニア転職、CodeCampGate(コードキャンプゲート)の両校とも、手厚いキャリアサポートがあります。

主なキャリアサポート内容は下記のとおり。

  1. カウンセリング
  2. 履歴書、職務経歴書の添削
  3. 企業の紹介と面接対策
  4. 推薦状の作成(CodeCampGate(コードキャンプゲート)のみ)

いずれも専門のキャリアアドバイザーによるサポートのため、転職サイトと同様のサービスを受けることができます。

またCodeCampGate(コードキャンプゲート)では、他のスクールにはない”推薦状”を作成してもらうことができ、現役エンジニア目線で技術力を応募先企業へ伝えることが可能です。

転職先紹介

テックキャンプエンジニア転職
出典|テックキャンプエンジニア転職

転職先に有名企業や限定求人があることは、大手プログラミングスクールを選ぶメリットの一つです。

テックキャンプエンジニア転職では転職実績がある企業を公開しており、その中にはチームラボなどの有名企業やLIFULLなどの大企業も含まれます。

必ずしも入社できるわけではありませんが、自分が希望する会社が紹介先にある場合には、希望企業への就職を目標に学習や就職活動を頑張るという手もありですね。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は、転職実績がある企業を公開していませんが、転職先一例として下記のような企業を挙げています。

・東京都の東証マザーズ上場企業 
・東京都のスタートアップ企業
・鳥取県の自社開発企業 
・自社開発企業(沖縄県、兵庫県、岐阜県、北海道など)

会社名は非公開ではありますが、CodeCampGate(コードキャンプゲート)の受講生はしっかり上場企業や自社開発企業への転職に成功しています。

また、CodeCampGate(コードキャンプゲート)では地方での就職が多いことも特徴のひとつ。

転職保証がなく、転職先への縛りがない分、受講生それぞれが働きやすい場所・企業への積極的な転職活動を行っていることがわかります。

転職保証

テックキャンプエンジニア転職
出典|テックキャンプエンジニア転職

転職保証は、一定期間内に転職先への内定が得られない場合に、受講料を全額返金してもらえる制度。

テックキャンプエンジニア転職では転職保証がありますが、CodeCampGate(コードキャンプゲート)では同様のサービスはありません。

しかもテックキャンプエンジニア転職の転職保証は対象年齢が幅広く、30代で転職保証は20代までというプログラミングスクールが多いなか、30代であれば転職保証の対象内なんです。

30代の転職希望者であれば優先的にテックキャンプエンジニア転職を検討したいところですね。

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)の比較まとめ

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)比較

テックキャンプエンジニア転職とCodeCampGate(コードキャンプゲート)の比較結果をまとめました。

比較内容テックキャンプエンジニア転職CodeCampGate(コードキャンプゲート)
料金
分割払い
返金保証
講師・メンター
受講スタイル
学習期間
学習時間
質問チャット
通話サポート
ポートフォリオ
チーム開発
キャリアサポート
転職先紹介
転職保証

◎:優秀
○:2校で差がない
△:課題あり

比較結果を見て、自分に合うと思った方のプログラミングスクールをチェックしてみてください。

【エンジニア転職向け】人気プログラミングスクール3つ

目次
閉じる