「出世払い」でプログラミング学習を始めるGO!

【侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)を比較】どのくらい違いがあるのか?

sumosan woman komaru02 800 1

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)を考えているのだけど、どのくらい違いがあるのかしら?

sumosan man kihon01 800 1 1

どちらもエンジニア転職を目指せる人気のプログラミングスクールですね!
比べると結構違いがありますよ。

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)は、どちらも未経験からエンジニア転職を目指すプログラミングスクールです。

どちらも人気のある大手スクールですが、比べてみると学習期間や受講料など大きな違いがあり、人によって向き不向きがあります。

プログラミングスクール選びは、お金がかかるばかりではなくその後の人生にも左右するので、絶対に失敗したくありませんよね。

そこでこの記事では、侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)について徹底比較します。

目次

侍エンジニア塾(転職コース)とtech boost(テックブースト)ブーストコースについて

侍エンジニア塾(転職コース)とtech boost(テックブースト)ブーストコース

まずは、侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)の特徴から見てみましょう。

sumosan man kihon01 800 1 1

「比較結果をすぐ見たい!」という人は、目次から気になる比較項目に移動してください。

スクールエンジニア転職コース
侍エンジニア塾転職コース
tech boost(テックブースト)ブーストコース

「侍エンジニア塾」や「テックブースト」はスクール名です。
エンジニア転職コースのほかに、教養としてのプログラミングが学べるコースがあります。

侍エンジニア塾(転職コース)

侍エンジニア塾(転職コース)
出典:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、株式会社SAMURAIが運営しているプログラミングスクールです。

その中でも「転職コース」は、エンジニアへの転職に特化したコースで、4~8週間の学習で転職を目指せる超短期集中型となっています。

主な特徴を3つ見てみましょう。

  1. マンツーマン指導で挫折させない
  2. オーダーメイドカリキュラムで効率よく短期間学習できる
  3. 転職成功で受講料が無料に!

侍エンジニア塾は、専属講師によるマンツーマン指導に力を入れています。

9割は挫折すると言われるプログラミング業界のなかでも、侍エンジニア塾(転職コース)の挫折率は8%と非常に低く、転職成功率は94.1%と高めです。

一人ひとりの学習状況や生活に合わせたオーダーメイドカリキュラムに沿って進めるため、短期間で必要な知識を習得できます。

もともと低価格な料金設定ですが、転職に成功したら受講料が無料になるという制度も魅力的です。

sumosan man kihon01 800 1 1

侍エンジニア塾(転職コース)は、短期集中型&条件が合えば受講料が無料のスクールです。
エンジニア転職を急ぐなら、メリットが多いですよ!

テックブースト(ブーストコース)

テックブースト(ブーストコース)
出典:テックブースト

テックブーストは、Branding Engineerが運営するプログラミングスクールです。

「スタンダートコース」と「ブーストコース」の2コースがあり、どちらも転職を目指せるコースとなっています。

今回転職コースとして比較している「ブーストコース」の大きな特徴は3つ。

  1. 講師は100%現役エンジニア
  2. 個人に合わせて学習スタイルの選択ができる
  3. 充実したキャリアサポート

テックブースト(ブーストコース)の講師・メンターは、現役エンジニアのみ。

最新の現場情報を交えながら分かりやすく指導して、メンタル面でも寄り添いつつ卒業まで導いてくれると評判です。

またテックブースト(ブーストコース)は、学習期間やメンタリング回数、学習スタイルを自由にカスタマイズできます。

  • 学習期間:3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月
  • メンタリング回数:月4回・月6回・月8回
  • 学習スタイル:通学またはオンライン

テックブースト運営元の Branding Engineer は、エンジニア転職に特化した転職サービスも運営していて、受講者はこのサービスを利用OK!

プロのエージェントが転職や独立を手厚くサポートしてくれます。

sumosan man kihon01 800 1 1

一人ひとりの目標やライフスタイルに合わせて学習スタイルをカスタマイズできるから、プログラミングをムリなく習得していくことができるスクールです。
手厚いキャリアサポートでエンジニアへ転職を目指せます。

侍エンジニア塾(転職コース)とtech boost(テックブースト)ブーストコースを比較

侍エンジニア塾(転職コース)とtech boost(テックブースト)ブーストコース

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)を4つのポイントで比較します。

比較ポイント具体的な比較内容
価格・料金料金、分割払い、割引制度、返金保証
講座の特徴講師・メンター、受講スタイル、学習期間、学習内容
学習サポートチャットサポート、メンタリング、ポートフォリオ、課題レビュー
転職サポートキャリアサポート、転職先紹介、転職保証

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)の比較①:価格・料金

比較項目侍エンジニア塾(転職コース)テックブースト(ブーストコース)
料金無料で受講スタート可
◆4週間プラン(58,000円)
◆8週間プラン(190,000円)
◆入学金 219,780円
◆月額32,780円
◆メンタリング料金(月4回34,760円、月6回52,140円、月8回69,520円)
◆教室利用の場合、22,000円
分割払い◆月2,417円~あり
返金保証全額返金保証 全額返金保証

※ 侍エンジニア塾は条件が合えば受講料無料で受講スタートでき、転職できなかった場合のみ受講料が発生します

価格・料金

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)の受講料を比較すると、侍エンジニア塾(転職コース)のほうが安くなります。

ただし2校の料金体系は大きく異なるので、それぞれ説明していきます。

侍エンジニア塾(転職コース)は、4週間プランは58,000円、8週間プランは190,000円ですが、条件が合えば実質無料で受講OK

万が一転職できなかった場合のみ、受講料が発生します。

侍エンジニア塾(転職コース)
出典:侍エンジニア塾

無料で受講するには、侍エンジニア塾が紹介した企業に就職した場合や年齢が20~28歳の場合のみなど、細かい条件があるので注意が必要です。

一方、テックブースト(ブーストコース)の料金は少し複雑で、入学金+基本月額料金+メンタリング料金(+教室利用オプション)となっています。

テックブースト(ブーストコース)
出典:テックブースト

テックブーストは、学習期間・メンタリング回数・通学またはオンラインなど、学習方法の選択肢が多く、それによって受講料が変わるのが特徴です。

  • 学習期間:3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月(1カ月ごとに延長も可)
  • メンタリング回数:月4回・月6回・月8回
  • 学習スタイル:通学(月22,000円が追加)またはオンライン

テックブースト(ブーストコース)の最安値 は、以下のようになります。

テックブースト(ブーストコース)の最安値:422,400円
(受講期間3ヶ月・メンタリング月4回・オンライン選択の場合)
入学金【219,780】+基本月額料金【32,780×3】+メンタリング【34,760×3】

sumosan man kihon01 800 1 1

入会金は高めの設定ですが、月額はグッと抑えられているので、長く通う方が多いようですよ。

分割払い

侍エンジニア塾(転職コース)、テックブースト(ブーストコース)ともに、分割払いに対応しています。

侍エンジニア塾(転職コース)は分割払いにすると、1ヵ月あたり2,417円~と安くなり、さらに受講しやすい料金で受講が可能です。

テックブースト(ブーストコース)も分割払いに対応していますが、選択するプランによって受講費が複雑に変わるため、受講前に確認しておきましょう。

返金保証

プログラミングスクールの返金保証は、2種類あります。

  • 学習開始後の返金保証:学習開始後期間内であれば理由に関係なく全額返金
  • 転職返金保証:一定期間内に転職先が決まらなければ全額返金

各スクールの返金保証はこのようになります。

スクール名学習開始後の全額返金保証転職保証
侍エンジニア塾(転職コース)あり(詳細は非公開)あり
テックブースト(ブーストコース)あり(契約書類を受領してから8日間)なし

侍エンジニア塾(転職コース)は、学習開始後理由に関係なく全額返金される返金保証はありますが、返金可能期間など詳細は非公開となっています。

受講前の無料カウンセリングでご確認ください。

また、侍エンジニア塾(転職コース)には一般的な転職保証(一定期間内に転職先が決まらなければ全額返金)とは逆に、転職に成功したら受講料が無料になる制度があります。

sumosan man kihon01 800 1 1

実質無料で、プログラミング学習ができて転職もできるため、侍エンジニア塾は学生や主婦などを中心に人気がありますよ!

一方、テックブースト(ブーストコース)の学習開始後の返金保証は、契約書面を受け取った日から起算して8日までとなっていて、転職保証はありません。

受講前にしっかり確認して、納得した上で申し込むようにしましょう。

sumosan man kihon01 800 1 1

テックブースト(ブーストコース)の場合、手厚いキャリアサポートがありますが、転職保証ではないため、注意が必要です。

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)の比較②:講座の特徴

比較項目侍エンジニア塾(転職コース)テックブースト(ブーストコース)
講師・メンター現役エンジニア現役エンジニア
受講スタイルオンライン通学・オンライン
学習期間・4週間(1ヶ月)
・8週間(2ヶ月)
・3ヵ月
・6ヵ月
・12ヵ月
学習時間約300時間約300時間

講師・メンター

侍エンジニア塾(転職コース)
出典:侍エンジニア塾

プログラミングスクール選びにおいて、講師やメンターはとても重要です。

スクールによっては学生やスクールの卒業生が講師をしている場合もありますが、今回比較している侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)は、どちらも100%現役エンジニアの講師のみとなっています。

どちらも、受講生一人ひとりに専属の講師・メンターがついて、入学から卒業まで一貫して見てくれる担任指導制です。

受講スタイル

テックブースト(ブーストコース)
出典:テックブースト

2校の受講スタイルは以下のようになります。

  • 侍エンジニア塾(転職コース):オンラインのみ
  • テックブースト(ブーストコース):通学またはオンライン

侍エンジニア塾(転職コース)は、オンラインのみの受講となります

オンラインに特化させることで受講料を抑えて学習でき、質問などがあれば24時間対応の質問チャットでいつでも聞くことができます。

テックブース(ブーストコース)は、通学またはオンラインから選択することが可能です。

教室は、平日は10:00~22:00、土日は10:00~19:00の間、自由に利用OK!

直接質問したり、仲間とのコミュニケーションが取れるメリットもあるため、どんどん利用していきたいですね。

ただし通学する場合は、現在利用できるのは渋谷校のみとなっていることと、教室使用料として1ヶ月あたり22,000円が別途追加されることの2点は注意が必要です。

sumosan man kihon01 800 1 1

オンラインの場合は仕事しながらや地方在住でも学習しやすく、通学コースの場合は直接いろいろな話ができるという利点があります。
自分のライフスタイルから検討してみましょう。

学習期間

侍エンジニア塾(転職コース)の学習期間は、1ヵ月または2ヵ月という超短期集中型。

専属講師によるマンツーマン指導とオーダーメイドカリキュラムによって、無駄なく効率的にプログラミング技術の習得を目指していきます。

テックブースト(ブーストコース)の学習期間は、基本的には3・6・12ヵ月と設定されていますが、1カ月ごとに月額料金を支払えば延長していくことも可能です。

じっくりとことん学びたい人や、転職してからもアドバイスがほしい人などに選ばれることが多いスクールで、長期的に所属している方もいるようです。

学習時間

侍エンジニア塾(転職コース)の学習期間は約300時間です。

ただし1~2ヵ月という短い学習期間となるため、1日あたりにすると10時間以上の学習量となり、受講期間中はかなりハードはスケジュールが予想されます。

受講前の無料カウンセリングで受講目的や学習量などを相談して決めるようにしましょう。

テックブースト(ブーストコース)も学習時間は約300時間となりますが、3・6・12ヵ月と少し余裕を持った学習期間になります。

目的に応じてコースやメンタリング回数を決めてから学習開始となるため、自分にあったペースで学習できます。

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)の比較③:学習サポート

比較項目侍エンジニア塾(転職コース)テックブースト(ブーストコース)
質問チャット24時間対応24時間対応
学習サポートありあり
ポートフォリオありあり

質問チャット

質問チャットは、一人で学習しているときに疑問点を質問して解決できるサービスのことです。

2校とも、質問チャットはいつでも可能、24時間以内に回答がもらえるようになっています。

sumosan man kihon01 800 1 1

分からないことが出たときに24時間対応で質問ができるのは、とてもありがたいですね!
両スクールとも、質問チャットについては遜色ありませんでした。

学習サポート

学習サポートとは、専属講師(メンター)と学習の進捗状況を確認したり、習慣管理、時間管理といった受講生がぶつかる悩みを解決して、スムーズに受講できるようにするサポートです。

2校とも学習サポートはありますが、内容が少し異なるのでそれぞれ見てみましょう。

侍エンジニア塾(転職コース)は、プロのコーチによる学習サポートが受けられます。

学習期間が4~8週間と短いためハードな学習スケジュールが予想される侍エンジニア塾ですが、学習サポートによって最短ルートを提示してもらい、都度軌道修正しながら卒業までサポートしていきます。

テックブースト(ブーストコース)の学習サポートは、1回1時間の「メンタリング」です。

メンタリングの回数は、必要に応じて月4回・月6回・月8回から選択できますが、回数が増えると料金も上がるので注意。

メンタリングでは、学習の進み具合や技術的な内容などの学習面や、学習中の不安や悩みなどのメンタル面などをサポートしてもらえます。

ポートフォリオ

ポートフォリオとは、自分のスキルや実績をまとめた作品集のことで、エンジニアの転職では重要視されることが多いです。

2校とも受講中にポートフォリオを作成できます。

侍エンジニア塾(転職コース)は、ポートフォリオの制作に力を入れているスクールです。

ポートフォリオを制作するだけでなく、作ったポートフォリオを使って転職時にアピールする方法も教えてくれるので、転職活動の際に活用できます。

テックブースト(ブーストコース)は、受講中に0からオリジナルWebアプリケーションの開発を行い、これをポートフォリオとして使うことができます。

全くオリジナルのWebアプリとなるため、転職の上でも自分のスキルや実績をアピールすることができます。

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)の比較④:転職サポート

比較項目侍エンジニア塾(転職コース)テックブースト(ブーストコース)
キャリアサポートありあり
転職先紹介ありあり
限定求人あり
転職保証なしなし

キャリアサポート

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)は、どちらもエンジニアへの転職を目標としたコースとなるため、2校ともキャリアサポートにとても力を入れています。

侍エンジニア塾(転職コース)では、専属のキャリアアドバイザーが履歴書の添削や面接対策などをサポート。

主なキャリアサポート内容は、以下のようになります。

  1. カウンセリング
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 企業との面接調整
  4. 面接後のフォロー
sumosan man kihon01 800 1 1

侍エンジニア塾(転職コース)の場合、転職が成功したら受講料も無料となる嬉しい制度もありますね。
転職成功率も94%と非常に高くなっていますよ!

一方テックブーストの場合、運営元である Branding Engineer が展開する、エンジニア転職支援サービス「Tech Stars Agent」や独立支援サービス「Midworks」があり、テックブーストの受講生は無料で利用可能です。

「Tech Stars Agent」 や「Midworks」に所属するプロのエージェントが、受講生一人ひとりの希望に沿った企業へ転職できるように、手厚くサポートしてくれます。

sumosan man kihon01 800 1 1

テックブースト(ブーストコース)は、エンジニア企業への転職だけでなく、フリーランスとしての独立支援も行っています。
働き方の選択肢も広がりますね!

転職先紹介

テックブースト(ブーストコース)
出典:テックスターズ

大手プログラミングスクールで学ぶメリットの1つとして、転職先を紹介してくれる点があります。

どんな転職先を取り扱っているのか、気になるところですね。

見てみましょう。

侍エンジニア塾(転職コース)は、自社開発企業・受託開発企業・SES企業まで幅広く転職を目指せます。

具体的な企業名は公表されていませんが、未経験からWeb系フリーランス、ベンチャー企業のプログラマー、IT企業などとなっています。

公表されている求人例は以下の通りです。

  • AIエンジニア(電子カルテ企業)300~500万
  • Unityエンジニア( ゲーム開発企業)400~500万
  • Rubyエンジニア(大手ライフメディア企業)300~500万
  • システム開発エンジニア(大手名刺管理アプリ企業)400~500万

テックブースト(ブーストコース)の転職先は、未経験からでも実績をつめるようなSES企業が多く、その後、自社開発企業や受託開発企業へ転職することが多いです。

テックブースト運営元の Branding Engineer が展開する、エンジニア転職支援サービス「Tech Stars Agent」 の求人例はこちら。

  • エンタメベンチャー(CTO候補)900~1200万
  • バックオフィス系SaaS企業(機械学習エンジニア)600~1000万
  • メディア/広告系企業(Webエンジニア)400~700万
  • エンタメベンチャー(Webエンジニア)400~700万

経験豊富なアドバイザーが、一人ひとりに合った求人を紹介してくれます。

取引社数は783社(2021年5月15日時点)もあり、非公開案件も多く取り扱っている特徴があります。

転職保証

転職保証は、一定期間内に転職の内定が得られない場合に、受講料を全額返金してもらえる制度のことを言います。

侍エンジニア塾(転職コース)には、全額返金される転職保証制度はありませんが、少し特殊な料金体系となっています。

転職保証制度とは少し形は違いますが、就職できなかった場合に受講料が発生するしくみで、就職できれば受講料がかかりません。

94%という非常に高い転職成功率から見ても、多くの人が受講料無料でプログラミングを学んで、転職していることになります。

一方、テックブースト(ブーストコース)は、手厚い転職サポートがありますが、転職保証サービスはありません。

侍エンジニア塾(転職コース)とtech boost(テックブースト)ブーストコースを比較 のまとめ

侍エンジニア塾(転職コース)とtech boost(テックブースト)ブーストコース

侍エンジニア塾(転職コース)とテックブースト(ブーストコース)の比較結果を評価しました。

比較内容侍エンジニア塾(転職コース)テックブースト(ブーストコース)
料金×
分割払い
返金保証
講師・メンター
学習スタイル
学習期間
学習時間
キャリアサポート
転職先紹介
転職保証

・◎:優秀
・〇:2校で差がない
・△:課題あり

比較結果を見て、自分に合うと思った方のプログラミングスクールをチェックしてみてください。

【エンジニア転職向け】人気プログラミングスクール3つ

目次
閉じる