「出世払い」でプログラミング学習を始めるGO!

【DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロを比較】違いを教えて!

sumosan woman komaru02 800 1

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロって何が違うの?

sumosan man kihon01 800 1 1

どちらも未経験者からエンジニア転職を目指すプログラミングスクールですね。
大きな違いがあるのでしっかり確認しましょう。

充実したキャリアサポートで未経験からエンジニア転職を目指せる、DMM WEBCAMPとテックアカデミー。

どちらも短期間でプログラミングスキルを習得できるのですが、返金システムや料金で違いがあるので、人によって向き不向きがあります。

プログラミングスクールは高額なため、自分に合った学習方法やサービスをしっかり比較して選びたいですよね。

そこでこの記事では2つのプログラミングスクールの転職コース、DMM WEBCAMP PRO(ウェブキャンププロ)とTechAcademy Pro(テックアカデミープロ)について徹底比較します。

目次

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロとは?

DMMWEBCAMPPRO テックアカデミープロ

はじめに、DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの特徴から見ていきましょう。

sumosan man kihon01 800 1 1

「比較結果をすぐ見たい!」という人は、目次から気になる比較項目に移動してください。

スクールエンジニア転職コース
DMM WEBCAMPDMM WEBCAMP PRO
テックアカデミーテックアカデミープロ

「DMM WEBCAMP」や「テックアカデミー」はスクール名です。
エンジニア転職を目指すコースのほかに、プログラミングのスキルを身につける教養コースなどがあります。

DMM WEBCAMP PRO

DMM WEBCAMP PRO
出典|DMM WEBCAMP PRO

DMM WEBCAMPは、DMM.comグループの株式会社インフラトップが運営するプログラミングスクールです。

DMM.comグループの強みを活かした有名企業への転職や、キャリアプランに合わせて選べるコースが人気です。

その中で、DMM WEBCAMP PROは仕事を続けながらエンジニア転職を目指せるコースで、未経験からでも短期間でプログラミングスキルを身に付けることができます。

特徴は下記の3点。

  1. 仕事を続けながらエンジニア転職を目指せる
  2. 未経験者のためのカリキュラム
  3. 優良求人や限定求人が多い

大きな特徴は、現在働いている人や介護・育児で忙しい人でもエンジニア転職を目指せるコースであること。

また、未経験者の学習に特化したカリキュラムやサポートがあり、プログラミングを勉強したことがない人でも安心して受講できます。

実際に受講生の97%以上がプログラミング未経験!

営業職、事務職、フリーターなど様々な職種の人から支持されているスクールです。

テックアカデミープロ

テックアカデミープロ
出典|テックアカデミープロ

テックアカデミーは、キラメックス株式会社が運営するプログラミングスクールです。

リーズナブルな価格が特徴で、2020年の調査ではオンラインプログラミングスクールの受講者数がNo,1となった人気スクールでもあります。

その中でもテックアカデミープロは、転職保証がついた未経験からのエンジニア転職が目指せるコースです。

特徴は下記3点。

  1. 講師は100%現役エンジニア
  2. 転職失敗で全額返金(転職保証)
  3. パーソナルメンターで挫折させない

テックアカデミープロの最大のメリットは、講師が100%現役エンジニアであること。

しかもパーソナルメンターによる週に2回のマンツーマンメンタリングで、わからないところを逐一解消しながらしっかり学習を進めることができます。

また、転職できなかった場合には全額返金してもらえる保証制度もあり、サポート体制が手厚いスクールと言えます。

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロを比較

DMMWEBCAMPPRO テックアカデミープロ

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロを4つのポイントで比較します。

比較ポイント具体的な比較内容
価格・料金料金、分割払い、返金保証
講座の特徴講師・メンター、受講スタイル、学習期間、学習時間
学習サポート質問チャット、通話サポート、ポートフォリオ
転職サポートキャリアサポート、転職先紹介、転職保証

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの比較①:価格・料金

スクロールできます
比較項目DMM WEBCAMP PROテックアカデミープロ
料金◆12週間プラン:624.800円
◆16週間プラン:679,800円
327,800円
分割払い◆12週間プラン:24,882円〜
◆16週間プラン:27,541円〜
13,659円〜
割引制度なし先割(受講料5%OFF)
返金保証◆14日以内全額返金保証◆転職返金保証
いずれも税込

価格・料金

エンジニア転職コースの料金が安いのは、テックアカデミープロです。

DMM WEBCAMP PROと比較して、テックアカデミープロでは約半分の金額で受講することが可能です。

sumosan man kihon01 800 1 1

エンジニア転職で年収が21万円アップするというデータもあります。
受講料は自分自身へ先行投資ですね。

分割払い

2校とも分割払いに対応しています。

テックアカデミープロでは、受講費用が安い分月々の支払いが1万円代と、無理なく支払える金額となっています。

DMM WEBCAMP PROでも2万円代の支払いなので、一括で支払うことが難しい人でも学習を諦めずに済みますね。

割引制度

テックアカデミープロ
出典|テックアカデミープロ

テックアカデミープロには先割という割引制度があります。

早めに申し込むことで受講料が5%割引になる制度で、適用されると311,410円で受講することができ、とてもお得!

なるべく安くプログラミングスクールを受講したい人は、ぜひ活用してください。

1〜1か月半前には申し込みを完了する必要があるので、受講時期に余裕を持って申し込むようにしましょう。

返金保証

DMM WEBCAMP PRO
出典|DMM WEBCAMP PRO

2校とも返金保証制度がありますが、それぞれ種類が異なります。

スクロールできます
講座名学習開始後の返金保証転職保証
DMM WEBCAMP PROあり(学習開始後14日以内)なし
テックアカデミープロなしあり(カリキュラム終了後6か月間)

DMM WEBCAMP PROは、学習開始後の返金保証がある一方、転職保証はありません。

学習がスタートしてからでも14日以内であれば返金理由を問わず対応してくれるため、「カリキュラムが思っていたのと違った」などの場合でも全額返金が可能です。

テックアカデミープロは、転職保証がある一方、学習開始後の返金保証はありません。

6か月間転職活動を積極的に行っても内定が得られなかった場合に、転職保証が受けられます。

ただし、転職保証が受けられる年齢が受講開始時点で32歳以下や東京で勤務できる方などの条件があるため、利用を考えている人は前もって条件を確認しておくようにしましょう。

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの比較②:講座の特徴

比較項目DMM WEBCAMP PROテックアカデミープロ
講師・メンター現役エンジニアなど100%現役エンジニア
受講スタイル教室(渋谷、新宿、難波)
オンライン
オンライン
学習期間・12週間プラン
・16週間プラン
12週間
学習時間約400時間約300時間

講師・メンター

テックアカデミープロ
出典|テックアカデミープロ

DMM WEBCAMP PROでは現役エンジニアではない講師もいますが、テックアカデミープロでは100%現役エンジニアが講師です。

ただしDMM WEBCAMP PROの講師は、現役ではないだけでプログラミングの知識が十分ある人材で、なおかつ受講生に教えるスキルも兼ね備えているため不安にならなくても大丈夫。

オリジナル開発など具体的なアドバイスが必要なカリキュラムの際には現役エンジニアが講師として参加してくれるので、直接話を聞く機会もちゃんとあります。

一方テックアカデミープロでは、メンター全員が厳しい審査を通過した現役エンジニアであることを売りにしており、現役エンジニアから教わりたい受講者にとっては大きなメリットです。

1000名在籍している現役エンジニアのメンターがマンツーマンでサポートしてくれるので、心強いことこの上なし。

メンターと二人三脚で完走を目指したい人にはピッタリのスクールです。

受講スタイル

DMM WEBCAMP PRO
出典|DMM WEBCAMP PRO

DMM WEBCAMP PROは、渋谷・新宿・難波に教室を持っており、受講生は教室もしくはオンラインの両方から受講スタイルを選ぶことができます。

教室受講、オンライン受講どちらでも料金は変わらないため、自分が集中して勉強できるスタイルで受講できるのがいいですね。

一方テックアカデミープロは、教室を持たずにオンラインのみでの受講になります。

その分受講費用も割安ですし、地方から受講する方や完全在宅で受講したい方には大きなデメリットにはならないでしょう。

学習期間

DMM WEBCAMP PRO
出典|DMM WEBCAMP PRO

DMM WEBCAMP PROでは、学習期間が12週間と16週間の2つあり、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

働きながらの受講を想定したコースであり、受講者がどんなペースで学習したいかによって期間を選べるのはありがたいところ。

万が一学習進捗が遅れてしまった場合は、追加料金(70,000円)を支払うことによって「質問し放題」「ライフコーチ」を1か月延長することが可能です。

テックアカデミープロは、学習期間が12週間のみです。

ただし学習時間が300時間と短めなので、1週間に25時間の学習時間を確保できればカリキュラムをこなすことができます。

学習時間

テックアカデミープロ
出典|テックアカデミープロ

DMM WEBCAMP PROの学習時間は約400時間。

12週間でカリキュラムを終わらせるためには1週間に33時間、16週間の場合は1週間に25時間の学習時間の確保が必要です。

受講期間中は平日の2〜3時間と休日は8〜9時間を学習に充てる必要があるため、しっかりと予定を立ててから受講しましょう。

働きながらであっても確実に学習時間が取れる人に向いているコースです。

テックアカデミープロの学習時間は300時間。

基礎編ではWebアプリケーション開発、応用編ではそのWebアプリの拡張機能を自ら提案し拡張させるという、優先度の高い実務スキルを効率的に学習します。

そのため、学習時間はプログラミングスクールの中では短めとなっています。

12週間で300時間のカリキュラムは、週末しっかり学習できる人は平日1時間程度の学習で済みますし、毎日しっかり学習できる人は週末も学習以外の時間を持つこともできます。

ただし週2回のメンタリングは必須のため、ゆとりがありながらも計画的に学習を進められる人に向いているコースです。

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの比較③:学習サポート

比較項目DMM WEBCAMP PROテックアカデミープロ
質問チャット9時間(13〜22時)8時間(15〜23時)
通話サポートライフコーチ
週1回
メンタリング
週2回(初週のみ週1回)
ポートフォリオあり課題制作のみ

質問チャット

テックアカデミープロ
出典|テックアカデミープロ

自習時の不明点を即座に講師に質問できる、質問チャット。

両校ともに質問チャットサービスがあり、対応時間もほぼ同じ時間帯です。

どちらも働きながら学習する人向けのコースのため、午後から夜遅くまで対応してくれるのが助かりますね。

通話サポート

テックアカデミープロ
出典|テックアカデミープロ

DMM WEBCAMP PROでは、週に1回ライフコーチとマンツーマンのカウンセリングがあります。

ライフコーチは、メンターとは別に受講者の学習進捗などを管理してくれるサポーター。

学習面以外での不安や疑問点も相談できるので、挫折することなく最後までカリキュラムをやり通せると評判のサービスです。

学習の不明点はメンター、進捗サポートはライフコーチと一緒に解決できるので、一人で思い悩むことなく最後まで完走できるんですね。

テックアカデミープロでは、週に2回メンターとのマンツーマンメンタリングがあります。

この2回のメンタリングはもちろん現役エンジニアによるもの。

不明点を定期的に解消できるので完全自習で学習するよりも理解が進んで効率的にカリキュラムを進められますし、学習の進捗管理もしてもらえるのでモチベーションが維持できます。

自分だけで学習をすることに不安がある方、細かい学習フォローを必要としている方にはピッタリのサポートです。

sumosan man kihon01 800 1 1

どちらのスクールも困った時にはすぐに対応してくれる環境があるので心配する必要はありません。
質問サービスは積極的に活用しましょう。

ポートフォリオ

DMM WEBCAMP PRO

ポートフォリオは、エンジニアがオリジナルで制作した成果物をまとめた実績書。

DMM WEBCAMP PROでは、1人でゼロからサービスの企画・設計・開発・リリースまでを行い、Web開発のすべての工程の経験をポートフォリオにまとめることができます。

ポートフォリオを制作することで自身のスキルをアピールすることができるため、転職先に即戦力と認めてもらいやすくなります。

また、DMM WEBCAMP PROでは、チャレンジ学習として転職後すぐに活躍できる人材に近付く為の学習フェーズを用意しています。

JavaScript、AWS、デプロイ、開発スキルアップなどを選択制で学習できるので、精力的に学習を進めて転職に有利なスキルを複数身につけることも可能です。

一方、テックアカデミープロではポートフォリオの制作はなく、課題制作のみ。

ただし個人で提案した企画の開発を行い、現役エンジニアが無制限で課題レビューを行ってくれるので現場の知識を含め即戦力となれるだけのスキルは身につきます。

個人開発期間中は毎日パーソナルメンターがチャットで質問への回答をしてくれるので、不明点をどんどん質問し納得できる機能を開発することで、十分転職先へのアピールが可能となります。

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの比較④:転職サポート

比較項目DMM WEBCAMP PROテックアカデミープロ
キャリアサポートありあり
転職先紹介あり
限定求人あり
あり
限定求人あり
転職保証なしあり

キャリアサポート

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの両校とも、手厚いキャリアサポートがあります。

いずれも専門のキャリアアドバイザーによるサポートのため、転職サイトと同様のサービスを受けることが可能です。

主なキャリアサポート内容は下記のとおり。

  1. カウンセリング
  2. 履歴書、職務経歴書添削
  3. 企業の紹介と面接対策
  4. 転職後でもサポートは継続

転職先紹介

DMM WEBCAMP COMMIT
出典|DMM WEBCAMP PRO

大手プログラミングスクールでは、有名企業や限定求人を紹介してもらえることがメリットのひとつとなります。

DMM WEBCAMP PROでは、DMM.comグループの強みを活かした優良企業や高待遇な企業への紹介が受講者に人気の秘密でもあります。

過去転職実績ももちろんあり、常に300件以上の求人を保有しているという強みは魅力的ですね。

一方、テックアカデミープロでは残念ながら紹介先や過去実績の公表はしていません。

ただし求人数としては、国内最大級の1000社以上の未経験者向け求人をかかえているため、紹介先が少ないということにはならないので安心してください。

転職先としては、自社開発企業、受託開発企業、SES企業いずれも保有しており、割合としては受託開発企業、SES企業が多い傾向にあります。

転職保証

テックアカデミープロ
出典|テックアカデミープロ

転職保証は、一定期間内に転職先への内定が得られない場合に、受講料を全額返金してもらえる制度です。

DMM WEBCAMP PROでは、転職保証はありません。

ただしエンジニア転職に特化したキャリアアドバイザーが専属で転職活動を支援してくれるため、不安にならなくても大丈夫。

sumosan man kihon01 800 1 1

専属キャリアアドバイザーは、DMM WEBCAMP COMMITにて転職成功率98%の実績があるプロフェッショナルですよ!

DMM WEBCAMP COMMITなら転職保証が付いています。

一方、テックアカデミープロには転職保証があり、32歳以下であればサービスを受けることができます。

ただし東京での勤務が可能な人やマンツーマンメンタリングを全て欠席なく実施した人、などの条件があります。

しっかりと学習をした人であれば十分転職出来るスキルも得られ、もちろん転職保証の条件にも当てはまりますので、まずはカリキュラムを完遂できるよう学習に力を注ぎましょう。

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの比較まとめ

DMMWEBCAMPPRO テックアカデミープロ

DMM WEBCAMP PROとテックアカデミープロの比較結果をまとめました。

比較内容DMM WEBCAMP PROテックアカデミープロ
料金
分割払い
返金保証
講師・メンター
受講スタイル
学習期間
学習時間
質問チャット
通話サポート
ポートフォリオ
キャリアサポート
転職先紹介
転職保証

◎:優秀
○:2校で差がない
△:課題あり

比較結果を見て、自分に合うと思った方のプログラミングスクールをチェックしてみてください。

【エンジニア転職向け】人気プログラミングスクール3つ

目次
閉じる