「出世払い」でプログラミング学習を始めるGO!

【DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ(Tech Academy Pro)を比較】わかりやすい解説をします!

sumosan woman komaru02 800 1

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロで迷うな〜

sumosan man kihon01 800 1 1

どちらも短期間でエンジニア転職を目指すスクールですね。比較してどちらがより自分に合うかを確かめましょう。

短期間でエンジニア転職を目指せると定評のあるプログラミングスクール、DMM WEBCAMPとテックアカデミー。

どちらも未経験者から人気のスクールですが、料金や講師・受講スタイルに違いがあるので、人によって向き不向きがあります。

貴重な時間とお金を使って学ぶプログラミング教室、しっかり検討した上で自分に合ったものを選びたいですよね。

そこでこの記事では2つのスクールの転職コース、DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロについて徹底比較します。

目次

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの説明

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ比較

最初に、DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの特徴を見ていきます。

sumosan man kihon01 800 1 1

「比較結果をすぐ見たい!」という人は、目次から気になる比較項目をチェックしてくださいね。

スクールエンジニア転職コース
DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)DMM WEBCAMP COMMIT(DMMウェブキャンプ コミット)
TECH ACADEMY(テックアカデミー)TECH ACADEMY PRO(テックアカデミープロ)

「DMM WEBCAMP」や「テックアカデミー」はスクール名です。

エンジニア転職コースのほかに、教養としてのプログラミングが学べるコースがあります。

DMM WEBCAMP COMMIT

DMM WEBCAMP COMMIT
出典:DMM WEBCAMP COMMIT

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)は、DMM.comグループの株式会社インフラトップが運営するプログラミングスクールです。

比較的新しいですが、大手企業DMM.comの系列とあって、転職に強いスクールとして注目されています。

sumosan man kihon01 800 1 1

目的に応じて選べるコースがあることや、学習・転職サポートの手厚さも評判のスクールです。

その中でも評判が良いDMM WEBCAMP COMMIT(ウェブキャンプコミット)は、短期間の学習でエンジニア転職を目指すコースです。

特徴は次の3つ。

  1. 短期集中で転職を目指せる
  2. 個人開発とチーム開発の両方を経験できる
  3. 未経験者が多く転職成功率が高い・離職率が低い

3ヶ月の短期集中コースと4ヶ月の専門技術コースがあり、どちらも未経験者がゼロからプログラミングを学習してエンジニア転職を目指せるコースとなっています。

そのカリキュラムの中には、約1か月間のチーム開発期間が組み込まれています。

sumosan man kihon01 800 1 1

チーム開発を経験していると、転職してから即戦力として活躍することが期待できます。

未経験者でも挫折せずに学習を継続し、受講生の大半が自分に合った企業に就職、その後の離職率も低いというのがこのスクールの特徴です。

テックアカデミープロ

テックアカデミープロ
出典:テックアカデミープロ

テックアカデミーは、株式会社キラメックスが運営しているプログラミングスクールです。

日本でトップレベルの実績を持つプログラミングスクールで、WEBデザイナーや動画クリエイターなど学べるコースは多岐に渡ります。

その中でもテックアカデミープロ(Tech Academy Pro)はエンジニアとして本気で転職したい人向けに学習支援とキャリア支援がパッケージ化されたコースです。

特徴は次の3つ。

  1. オンラインに特化したスクール
  2. 現役エンジニアのパーソナルメンター
  3. 手厚いキャリアサポート

会場のみ・会場とオンラインどちらもという受講形態が多い中でオンラインだけに特化しているのは大きな特徴。

オンラインに最適化したカリキュラムで、ネット環境があればいつでも学習することができるので、時間を効率的に使うことができます。

また、受講生1人につき1名パーソナルメンターと呼ばれる現役エンジニアがついて学習をサポートしてくれます。

パーソナルメンターは学習サポートだけでなく、キャリアサポートも合わせて行います。

受講期間中から転職に向けてのサポートを個別に行ってくれるので、個人のスキルや適正・希望などを反映してもらうことが期待できます。

sumosan man kihon01 800 1 1

わからないことが多く挫折しがちな未経験者にとってパーソナルメンターの存在はとても大きいです!

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロを比較

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ比較

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロを4つのポイントで比較します。

比較ポイント具体的な比較内容
価格・料金料金、分割払い、返金保証
講座の特徴講師・メンター、受講スタイル、学習期間、学習内容
学習サポートチャットサポート、メンタリング、ポートフォリオ
転職サポートキャリアサポート、転職先紹介、転職保証

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの比較①:価格・料金

比較項目DMM WEBCAMP COMMITテックアカデミープロ
料金◆短期集中:690,800円
◆専門技術:910,800円
※専門実践教育訓練給付金制度適用の場合:350,800円
◆327,800円
分割払い◆短期集中:28,072円〜
◆専門技術:38,706円〜
◆月13,659円~
返金保証◆20日以内全額返金保証
◆転職返金保証
◆転職返金保証

価格・料金

価格・料金で比較すると、テックアカデミープロが圧倒的に安いです。

DMM WEBCAMP COMMIT短期集中コースと比較すると、半分以下の料金で利用できます。

また、DMM WEBCAMP COMMITの専門技術コースは学習内容が増える分高額ですが、専門実践教育訓練給付金制度が適用されれば最大70%が教育訓練給付金として支給されます。

DMM WEBCAMP COMMITの専門技術コース:短期集中コースのかリキュラムに加え「AI」または「クラウド」の学習を行うコース

分割払い

2校とも分割払いに対応しています。

DMM WEBCAMP COMMITで月々3万円前後から、テックアカデミープロであれば月々1万円代からの支払いで受講することが可能です。

sumosan man kihon01 800 1 1

決して安い出費ではないので分割払いを選択できるのはありがたいですね!

返金保証

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ比較
出典:テックアカデミープロ

まず、どちらのスクールにも共通してあるのが転職返金保証です。

転職返金保証とは、受講終了後一定期間内に転職先が決まらなければ全額返金してくれるという制度です。

違いとしてはその対象年齢。

DMM WEBCAMP COMMITは30歳未満、テックアカデミープロは20歳以上32歳以下が転職返金保障の対象となっています。

sumosan man kihon01 800 1 1

わずかではありますが、テックアカデミープロの方が保障対象年齢の幅が広いのがわかります。

次に、DMM WEBCAMP COMMITにだけあるのが学習開始後の全額返金保証です。

学習開始後、期間内であれば理由に関係なく全額返金してもらえる制度で、DMM WEBCAMP COMMITでは20日間の期間が定められています。

テックアカデミープロに同様の返金保障はありませんが、学習開始から7日間以内ならクーリング・オフを利用し返金を求めることが可能です。

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの比較②:講座の特徴

比較項目DMM WEBCAMP COMMITテックアカデミープロ
講師・メンター現役エンジニアなど現役エンジニア
受講スタイル通学・オンラインオンライン
学習期間◆短期集中:3ヶ月
◆専門技術:4ヶ月
◆12週間
学習時間約400時間約300時間

講師・メンター

テックアカデミープロの講師・メンターは、100%が現役エンジニアです。

技術力はもちろん、コミュニケーション能力や教える能力など厳しい採用過程を通過した10%ほどの人材のため、確かなスキルをもとに実務レベルの学びを提供してくれます。

更にはその中から利用者一人ひとりに合ったパーソナルメンターが決まり、プログラミング学習を一貫指導してもらえるのも魅力です。

一方、DMM WEBCAMP COMMITの講師・メンターは全員が現役エンジニアというわけではありません。

もちろん「現役」ではないだけで、プログラミングの知識やスキルは豊富で、受講生に教えることに特化した講師陣ですのでわかりやすさには定評があります。

sumosan man kihon01 800 1 1

どうしても「現役」にこだわる方はテックアカデミープロが確実ですが、現役のメンターでないことによるデメリットは特に感じません!

受講スタイル

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ比較
出典:DMM WEBCAMP COMMIT

DMM WEBCAMP COMMITは東京と大阪に教室があり、通学とオンラインから受講スタイルを選択することができます。

ただし、現在この社会情勢下においては、なるべくオンラインでの受講が勧められています。

テックアカデミープロはオンライン専用となっています。

sumosan man kihon01 800 1 1

現在の状況を考えると、どちらもオンラインでの受講が現実的です。

学習期間

DMM WEBCAMP COMMITの学習期間は、短期集中コースが3か月、専門技術コースが4か月です。

専門技術コースでは、短期集中コースのカリキュラムに加えAIかクラウドを学びます。

働きながら学習するには平日の夜や休みの日全てを勉強にあてないと厳しいかもしれません。

テックアカデミープロの学習期間は12週間です。

10週間でエンジニア転職に必要なプログラミング学習を終え、残り2週間で転職活動を行います。

sumosan man kihon01 800 1 1

いずれも、短期集中!で学習に取り組み、エンジニア転職を目指す人向けのスクールと言えます。

学習時間

DMM WEBCAMP COMMITの学習時間は約400時間。

3ヶ月コースなら1週間に約33時間、4ヶ月コースなら1週間に25時間は学習時間の確保が必要です。

カリキュラム後半にはオリジナル開発やチーム開発も加わってくるため、働きながらであっても確実に学習時間が取れる人に向いています。

テックアカデミープロの学習時間は約300時間です。

エンジニア転職のために必要なことを中心に、効率的に学習していくイメージで、無駄を省いた学習システムと、メンターへの質問・課題レビューで通常より短期間で成長することが可能とされています。

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの比較③:学習サポート

比較項目DMM WEBCAMP COMMITテックアカデミープロ
質問チャット9時間(13〜22時)8時間(15~23時)
通話サポートメンタリング
不定期
メンタリング
週2回(初週のみ週1回)
ポートフォリオあり課題制作

質問チャット

質問チャットはわからない時やつまずいた時、即座に疑問点を解消できる便利なサービスです。

両校とも質問チャットサービスがありますが、対応時間が異なります。

プログラミングスクールの平均的な対応時間は8時間なので、いずれも標準的といえます。

通話サポート

DMM WEBCAMP COMMITは、開講日は13時から22時まで教室に通い放題で、メンターに質問し放題。

疑問点は残さずにすぐに解決し、スキル向上のために効率的に学習することができるので大きな利点です。

テックアカデミープロでは、週に2回(初週のみ週1回)、パーソナルメンターと1回30分のマンツーマンメンタリングがあります

ビデオチャットで質問、ペアプログラミングなど最適なサポートが受けられます。

ポートフォリオ

ポートフォリオは、エンジニアの制作した成果物(実績)をまとめた書面です。

DMM WEBCAMP COMMITではWeb開発のすべての工程がカリキュラムに含まれており、ポートフォリオの作成が可能です。

ポートフォリオは転職の際にも重視されるため、自身の実践スキルのアピールに役立ちます。

一方、テックアカデミープロではポートフォリオの制作はなく、課題制作のみ。

しかし、自ら開発したWebアプリケーションの拡張機能を実装するという実践に近いカリキュラムが組まれているため、即戦力となる力が身についていることはアピール可能です。

企業に向けた書類作成の方法などの指導もあるため安心です。

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの比較④:転職サポート

比較内容DMM WEBCAMP COMMITテックアカデミープロ
キャリアサポートありあり
転職先紹介あり
限定求人あり
あり
限定求人あり
転職保証ありあり

キャリアサポート

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロでは、ともに手厚いキャリアサポートがあります。

2校のキャリアサポートの内容は次のとおり。

  1. カウンセリング
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 企業との面接調整
  4. 面接後のフォロー

いずれも専門のキャリアアドバイザーによるサポートのため、転職サイトと同様のサービスを受けることができます。

キャリアチェンジのため企業に何をアピールすれば良いか、エンジニアとしての転職のため何を準備すれば良いかなど徹底的にサポートしてくれます。

転職先紹介

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ比較
出典:DMM WEBCAMP COMMIT

大手プログラミングスクールを選ぶメリットのひとつが、転職先に有名企業や限定求人があること。

特にDMM WEBCAMP COMMITでは、DMMグループならではの豊富なエンジニア求人が期待できます!

テックアカデミープロは新しいコースのため、転職成功率や就職先の情報など具体的な実績はまだ多くありません。

しかし国内最大級、1000社以上の未経験者向け求人を抱えており、カウンセリングをしながら受講者にあった転職先を紹介し最後までサポートしてくれます。

転職保障

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ比較
出典:DMM WEBCAMP COMMIT

価格・料金比較でも触れましたが、転職保障とは、受講終了後一定期間内に就職が決まらない場合、受講料を全額返金してくれるという制度です。

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロでは、どちらも転職保障があります。

対象年齢は次の通り。

DMM WEBCAMP COMMIT:30歳未満
テックアカデミープロ:20歳以上32歳以下

対象年齢以外にも、きちんと学習し転職活動を行なっているかなど保証を受けるための条件があるため注意が必要ですが、万が一の心の支えとして、不安な気持ちを捨て学習に集中できる嬉しい保証となっています。

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの比較まとめ

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロ比較

DMM WEBCAMP COMMITとテックアカデミープロの比較結果を評価しました。

比較内容DMM WEBCAMP COMMITテックアカデミープロ
料金
分割払い
返金保証
講師・メンター
受講スタイル
学習期間
学習時間
キャリアサポート
転職先紹介
転職保証

・◎:優秀
・〇:2校で差がない
・△:課題あり

比較結果を見て、自分に合うと思った方のプログラミングスクールをチェックしてみてください。

【エンジニア転職向け】人気プログラミングスクール3つ

目次
閉じる