「出世払い」でプログラミング学習を始めるGO!

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)Webエンジニアコース の口コミ評判は?実際のところってどうなの?

sumosan woman komaru02 800 1

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)の評判ってどう??
どんな人が向いているのか具体的に知りたいな。

sumosan man kihon01 800 1 1

本気でエンジニアを目指す人のためのプログラミングスクールですね。目的別にコースが分かれているので、自分に合っているかどうか確認してみましょう!

株式会社DIVE INTO CODEが運営する、DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)は本気でエンジニアを目指す人たちから支持されているプログラミングスクールです。

とはいえ向いている人、向いていない人があるもの事実。

この記事ではDIVE INTO CODEの口コミと評判をメリットとデメリットに分けて紹介していきます。

目次

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)とは?

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)

DIVE INTO CODEは、「すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」を企業理念としている株式会社DIVE INTO CODEが運営するプログラミングスクールです。

プログラミングと言えばテックキャンプやDMMウェブキャンプCOMMITが人気ですが、ダイブイントゥコードも口コミで知名度が高まっています。

DIVE INTO CODEには大きく2つのコースがあります。

Webエンジニアコース:主にRuby on Railsを中心としたWebアプリケーション開発に必要な技術を習得するコース
 <就職達成プログラム>:Webエンジニアとして就職することをゴールとしたプログラム
 <ベーシックプログラム>:Webアプリケーション開発の知識を身につけることがゴールのプログラム

機械学習エンジニアコース:機械学習エンジニアとして就職することをゴールとしたコース

Webエンジニアコースは、技術の習得後のゴール別にさらに2つのプログラムに分かれています。

sumosan man kihon01 800 1 1

この記事ではWebエンジニアコースの就業達成プログラムについて紹介します。

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)の特徴は?

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)は、最短の期間で確実にプロのスタートラインに立てる人材の育成を目的としています。

口コミや評判を見る前に、大きな特徴を4つチェックしておきましょう。

学習形態によって受講期間を選べる

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、学習形態によって4ヶ月間のフルタイムまたは10ヶ月間平日夜と土日で学ぶパートタイムの いずれかを選ぶことができます。

フルタイムの場合
4ヶ月間 月火水木金 10:00~19:00 


パートタイムの場合
10ヶ月間 木曜日以外の平日19:00~22:00と土日祝10:00~22:00

トータル学習時間が720時間のカリキュラムなので、1日あたりの学習時間がフルタイムなら8時間以上、パートタイムなら2.5時間以上の計算となっています。

sumosan man kihon01 800 1 1

仕事をしながらでも無理なく時間を有効に使い、長いスパンで学べるのはこのスクールの強みですね!

現場で通用する洗練されたカリキュラム

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)
出典:DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、未経験から現場でプロのエンジニアとして仕事ができる様になることを目的とした洗礼されたカリキュラムが用意されています。

入門Termでプログラミングの基礎を学び、基礎Termでアプリケーションを作成、就職Termで現場で使われるツールや開発サイクルを経験する。

実践ワークやチーム開発を通して最短経路で企業が求めるWebエンジニアをめざします。

DIVE INTO CODE流 学習法

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、独自のDIVE INTO CODE流学習法が取り入れられています。

・課題突破型学習
・ディスカッション授業
・同期と共にやり切る

DIVE INTO CODE流学習法の主なポイントはこの3点。

それぞれ説明していきます

課題突破型学習

課題突破型学習は「覚えるのではなく考えること」に重きを置いた学習方法。

背景の理解や考え方を身につけることが重要としており、メンターは質問を投げかけられた場合にもすぐに答えを言うのではなく、同様の問題に直面した時に次からひとりで問題解決ができるように促します。

ディスカッション授業

細かいコードの書き方ばかりに囚われるのではなく、数学のアルゴリズムの考え方や開発言語のオブジェクト指向、そして 手続きの流れを理解して使いこなすことを重要としています。

ただ座って講義を聞くだけの授業ではなく、 事前に課題に取り組み自分が理解している内容をアウトプットし、同期とディスカッションすることでその根本にある概念を素早く理解することができるようになります。

同期と共にやりきる

DIVE INTO CODEでは、同期と共に切磋琢磨して学ぶことを重要視しています。

プログラミング学習は「とにかくやり続けること」が重要。

孤独にマイペースに学ぶのではなく、よきライバルを見つけることでモチベーションや学習の優先度を上げてやり続けることができます。

徹底的な受講生サポート

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、メンターが学習の進め方や目標設定など自走を促すサポートをしてくれます。

もし進捗が遅れてしまっても、学習相談や新たな目標設定を行うことが可能。

オンラインでの質問や課題サポートは全営業日の10:00〜21:30までいつでも受けることが可能です。

自習室でも定期的に声がけをしてくれるので、 自分から質問をするのが苦手だという人でも安心です。

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)の悪い口コミ

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)の口コミについて、「悪い評判」や「注意すべき点」から見ていきます。

事前学習が推奨されている

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)
出典:DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、入校後の学習をスムーズに進めるため、あらかじめ事前学習を進めておくことが強く推奨されています。

基礎とはいうものの、ぱっと見る限りでもなかなかの量。

まったくのプログラミング初心者にとっては少し敷居が高く感じられるかもしれません。

受講料金が高い

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムの受講料金は他のスクールと比べても高額です。

受講料金金額(税込)
入学金100,000円
コース料金547,000円
合計647,000円

ただし、条件付で給付金制度や品質保証制度も利用できるので、少しでも不安なく申し込めるよう事前にしっかり詳細を確認しておきましょう。

給付金制度:国からの学費サポートにより最大45万円のキャッシュバックが受けられる
品質保証制度:卒業後一定期間内に就職ができなかった場合全額返金してもらえる

メンターは現役エンジニアだけではない

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムのメンターは、現役のエンジニアだけではありません。

講師もメンターも現役エンジニアを希望している人は、その点も考慮して検討する必要があるかもしれません。

sumosan man kihon01 800 1 1

まったくの初心者から入社しメンターになった方も紹介されていました。初心者の気持ちがわかるからこその受講者に寄り添ったメンタリングというものは期待できますね!

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)の良い口コミ

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)

人との繋がりができる

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、日々の授業やチーム開発を通して切磋琢磨しあう仲間ができるのが魅力です。

独りでは挫折してしまいがちなプログラミング学習も一緒に学ぶ仲間がいれば乗り越えていける。

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)では他の受講期生や卒業生との交流の機会もあり、卒業後も仲間との繋がりが続いているという口コミが多くありました。

sumosan man kihon01 800 1 1

学びだけでなく、卒業生が受講生を採用したり仕事を発注する実例が過去に何件もあるそうです!

満足度の高いカリキュラム

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、満足度の高いカリキュラムも評価されています。

プログラミングの基礎を学ぶ入門Termでは、Ruby on Railsを扱う受託会社である株式会社万葉が新人研修に使用している教材に取り組むことで、現場で最低限求められるレベルに到達することができます。

基礎Termではオリジナルアプリケーション開発やポートフォリオの開発の中で、「ただ動くだけのコード」ではなく実務で通用するコードにしていくため、一人一人の受講生に厳しいコードレビューが行われます。

現場で使われるツールや開発サイクルを経験する就職Termでは、すでにある程度出来上がっているアプリケーションにGitHubを用いて機能を追加します。

エンジニアにとって重要な問題解決能力を鍛えることによって、現場に入ってもすぐに通用する実践的な力を身につけることができます!

品質保証制度がある

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムでは、卒業後のアフター保証にも定評があります。

卒業生は半永久的にオンライン上のテキストを閲覧し好きなだけ復習することが可能、また校舎の利用やDEMODAY等のイベント参加も継続的にすることができます。

就職サポートも徹底しており、個人プロジェクトコンサルティング・質問サポートを卒業後も半年間継続して受けることができます。

DIVE INTO CODEが定める期間内にコースを卒業した上で、就職サポートを利用し6ヶ月間経過しても就職できなかった場合など、規約に基づいて受講料を全額返金してもらえる保証制度もあります。

高い就職成功実績

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)
出典:DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)では、高い就職成功実績があります。

その他、多数の企業に就職しています

株式会社葵 / 株式会社楽天 / 株式会社Schoo / 株式会社Samurai / 株式会社NexToneシステムズ / 株式会社メタ・インフォ / 株式会社シェアダイン / 株式会社スタイルマークス / 株式会社UEI / 東京大学 松尾研究室 / 株式会社グリッド / 株式会社Spot / Avintonジャパン株式会社 / トレンダーズ株式会社 / LeapMind 株式会社 / 株式会社アンコード / 株式会社MALK DESIGN / アイザック株式会社 / 株式会社Crunch Style / GVA TECH株式会社 / 株式会社まつりば / Remember株式会社 / 株式会社クラベス / 株式会社テクノモバイル / タケユー・ウェブ株式会社 / ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社 / 株式会社GA technologies

最大45万円のキャッシュバックが受けられる

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)の就業達成プログラム(フルタイム)は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座として認定されています。

厚生労働大臣より「専門実践教育訓練指定講座」に指定され、「専門実践教育訓練給付金」および 「教育訓練支援給付金」の対象講座となっており、最大45万円のキャッシュバックが受けられます。

就業達成プログラムのフルタイムのみが対象なので注意が必要です!パートタイムは対象外です。

sumosan man kihon01 800 1 1

事前に給付金対象可否の確認及び申請が必要なので、早い段階で確認しておきましょう。

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)の口コミまとめ

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムの4つの特徴と口コミ・評判を紹介しました。

最後にもう一度、良い口コミと評判をまとめておきます。

・人との繋がりができる
・満足度の高いカリキュラム
・品質保証制度がある
・高い就職成功実績
・最大45万円のキャッシュバックが受けられる

・事前学習が推奨されている
・受講料金が高い
・メンターは現役エンジニアだけではない

口コミや評判を踏まえると、DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)就業達成プログラムは次のような人に向いているプログラミングスクールと言えます。

・努力を惜しまず学習を進めることができる人
・仲間と切磋琢磨し学習したい人
・即戦力となる実践的な力を身に付けたい人
・卒業後Webエンジニアとして確実に就職したい人

sumosan woman kihon02 800 1

DIVE INTO CODE(Webエンジニアコース)なら私も夢を実現できるかも!

sumosan man kihon01 800 1 1

向いているかなと思ったら、無料オンライン説明会に参加してみてください!Webエンジニアへの就職やキャリア相談、 サービス内容に関する質問に丁寧に答えてくれますよ。

【エンジニア転職向け】人気プログラミングスクール3つ

目次
閉じる